IP電話とFAX

IP電話とは

家にある電話として長い間使われてきた固定電話や、物凄い勢いで普及している携帯電話に、新たな通話形態であるIP電話が加わってきています。
IP電話は、インターネットの回線を利用した通話サービスになります。

 

また、従来までは通話料を気にして通話時間をしきりにチェックする必要があった長距離通話についても、毎月のインターネットを利用するための料金を支払ってさえいれば、格安の料金で通話できたり、通話料金を無料にすることができるようになっています。

 

今のインターネットの環境については、高速化が進んで、常に接続しておく状態が当然となっている環境になってきています。
そのため、インターネットを利用するのに時間は制約がないという印象も定着してきています。

 

IP電話では、そのような環境のインターネット回線を使っているため、提携しているグループの契約者同士の通話については時間に制約なく無料な上に、電話網に繋がっている固定電話にかけても通話料は全国一律という料金設定を実現しています。

 

携帯電話は、電話の世界に革命を起こしましたが、IP電話も革命を起こしつつあります。
IP電話は、十年ぐらい前には考えられない条件によっては通話料が無料になるプランなどが当然のように提供されています。

 

インターネットの高速化に伴って確実に加入している人は多くなってきていて、世間に認知されるようになってきています。
現在は、IP電話が利用できる機能をほぼ全てのプロバイダが提供しています。


IP電話でFAXは使えるの?

IP電話でFAXが使えるかは電話機によります。
音声を利用した通信であるFAXですが、送信には専用の番号を必要としているからです。

 

固定電話の場合は0ABCなどの番号が割り当てられていますが、IP電話では多くが設定されていないからです。

 

そのため、FAX側でECMという信号が送受信できる機能があれば問題なく送信できるのですが、一般家庭用では搭載されていないケースが多いので送受信できないケースも多いです。

 

ただし、IP電話とひとくくりにされることが多いひかり電話などのサービスでは番号が普通に割り当てられるので通常の電話となんら変わらず利用することもできます。

 

回線を切り替える際にはFAXを利用するなら確認しておくことをおすすめします。

 

また、固定電話を残したままIP電話を導入するならFAXだけは固定電話を利用するなどを行う方も多くいます。

 

ひかり電話等でもFAXが使えない場合は通信エラーを疑ってみると良いです。

 

FAXは音声通話に変えて通信しますが、その際、雑音がひどいと通信ができないことがあります。

 

その際には通信速度を9600などに固定させてみる、キャリアレベルを変更できるなら15dB程度にするなどの対応で改善することも多くあります。

 

IP電話やひかり電話は音声がクリアなことが多いので雑音で通信できないということは少ないですが、再送が多発するような場合には特に通信速度をよく見てみると結果がよくなることが多いです。


IP電話でFAXを使う設定

IP電話は通常の電話の方式とは異なり、パケット通信を使い音声をデータ化して、それを送受信するというものです。

 

メリットとしては、通常の電話回線では1つの回線を専有してしまうのに対して、パケット通信では1つの回線で複数の音声データを送ることができるということであり、遠距離通信を行うさいの費用を下げることができます。

 

またIP電話ではパケット通信の回線としてインターネット回線を用いるのでインターネットさえ利用できれば、どんなに距離が離れても通信料金が安いといった点もあります。

 

しかし、パケット通信はデータの欠落や遅延が起こる可能性があるため、高品質な通信には向いていません。

 

このため回線が安定している光ファイバー回線を除けば従来のFAXの利用を保証していないのが現状です。

 

 

しかし、FAXを利用できないわけではなく設定によっては利用することは可能です。

 

設定としては、ECM機能があるものであれば、ECM機能をオンにすることで改善が見られます。

 

ECM機能は誤り訂正モードでデータが欠落している場合に、誤り訂正を行うもので主に高品質なFAX機に搭載されています。

 

また転送速度を遅くすることやキャリアレベルを最低に設定するといった方法もあります。

 

いずれにしても、FAXを利用するさいには音声データの状態の良し悪しが大きく影響するため、通常の電話回線でも品質が悪ければ上手くデータを送受信することができません。

 

それらを含めて回線の品質が悪い場合にはFAXの機能を抑える設定をすることで利用することが可能になります。


IP電話FAXの送信方法

IP電話はパケット通信を用いるため従来のメタル回線の電話に比べて通話に必要な料金が安くまたインターネット回線を利用しているので遠方であっても気軽に利用することができるのが魅力な通信手段です。

 

一方で、IP電話は使用する回線によっては品質が異なるため場合によっては、FAXが使えないケースもあります。

 

FAXは機械音声によってデータ化された画像データを送受信することができる装置ですが、通信回線の品質が悪ければデータの欠損や遅延が発生することで利用できないケースがあります。

 

 

このためIP電話でも通話品質が悪いものであればFAXの利用が困難になるため多くのIP電話ではFAXの使用を保証していないのが現状ですが、比較的品質が安定している光ファイバー回線ではFAXの利用を保証しているところもあります。

 

基本的にIP電話であっても接続すれば、FAXを利用することが可能ですが、上手く作動しない場合には設定を変えることで送信を行うことができます。

 

FAXの一部には誤り訂正モードが付いているものもあり、この設定をオンにすることで改善が見られます。

 

また送受信には通信速度があり、通信速度がはければ早いほど送受信に掛かる時間は短縮されますが、その分品質の高い回線である必要があります。

 

このため通信速度を抑えることで品質の悪い回線でも利用することが可能になります。また通信するさいの音声音量を小さくすることでも改善が見られます。


IP電話FAXの受信方法

IP電話にした際には音声通話はほぼ設定等無く、電話機を繋げればよいのですが、FAXについてはいくつか注意しておきたいポイントがあります。

 

IP電話でFAXを受診するには通常の電話回線と同じようにIP電話のモデムと電話線で繋ぐだけなのですがその際可能であれば線は短くしておくと良いです。

 

FAX送受信は紙をスキャンしたデータを音声に変換して送受信します。

 

しかし、雑音がひどいと送信がうまくいかず再送や送信できない状態になるのです。

 

IP電話はクリアな音声がうりでもありますが、きづかない雑音もかなりある場合が多いです。

 

雑音がひどい場合には通信速度を9600BPS程度に切り替えるのも改善する可能性があります。

 

FAXの多くは速度を可能な限り早くしようとしますが、通信速度は固定できる機種が多いので確実に届く方向で設定すると良いです。

 

ただし、通信速度が遅くなれば通話時間が増して通話量がより多くかかるので注意が必要です。

 

 

IP電話でFAXを利用する際には番号が付与されているかも重要です。

 

固定電話でFAXが送れるのは0ABCなどの番号がふられているからです。

 

IP電話では基本的にふられていないので一部のFAXでは送信ができないケースがあります。

 

FAXによってはECM送受信機能を備えたタイプもあるので利用できますが、一般の家庭用FAXでは搭載されていないケースがほとんどです。

 

この場合は固定電話で利用するしかありません。


IP電話FAXのよくあるトラブル

IP電話によるFAXはアナログ回線によるFAXよりもよくトラブルに遭うと言われています。

 

送信したはずなのにエラーが出てしまい、送れない、受け取れないといったトラブルになりまして、何故このような現象が起きてしまうのでしょうか。

 

 

送受信が出来なくなってしまうトラブルの原因になりますが、それはIP電話のデジタル回線だからこその理由になります。

 

アナログ回線の場合はデータを送受信する時にエラー訂正信号も一緒に送受信しているのですが、デジタル回線になってしまうとエラー訂正信号もデジタル化されていますので受信側がエラー訂正信号が受け取れない時があるのです。

 

そうなってしまった場合は文字化けを起こすなど正しくエラーを訂正できなくなってしまいトラブルが発生してしまうのです。

 

 

これらは機器の相性や契約している回線によっても変わってきますが、それ以外にもよくあるトラブルは存在します。

 

それは電話回線ではなくパケットで送受信しているため送信側と受信側で回線やデータ受信量が違っていたりするとしっかりと受け取れなくて、データが欠如したり、遅延したりする可能性があるのです。

 

 

このようにIP電話を利用してFAXを使用するとさまざまなトラブルにあったり、頻繁にトラブルが発生することがあります。

 

IP電話を取り扱っている会社でもFAX送信時の注意のアナウンスがされていますので、どうしても上手く行かない時はアナログ回線でFAXを使用した方が良いでしょう。